事業の概要

本学は平成28年度に文部科学省による「大学教育再生加速プログラム(Acceleration Program for University Education Rebuilding : AP)」テーマⅤ 卒業時における質保証の取組の強化 に採択されました。

「テーマV卒業時における質保証の取組の強化」とは?

本学が採択されたテーマVは、学生が卒業段階でどれだけの力を身に付けたのかを客観的に評価する仕組みやその成果をより目に見える形で社会に提示するための効果的な手法等を開発し、学外の多様な人材との協働のもと、先導的なモデルとなることが求められている。
本事業(テーマV)は全国から116件の申請がなされた後、本学を含めた19件の事業が選定された。平成28年度から4年間重点的な支援がなされる。本学は他大学、とりわけ他の外国語系大学にとって参考となる取り組みになることを目指す。

本学AP事業の特色

本学では、Ⅰ. 高度な言語運用能力、Ⅱ. (世界諸地域のうち)専攻する地域についての知識・理解、Ⅲ. 現代社会を生きる力、Ⅳ. (世界の言語・文化・社会を分析するための)専門的な学問分野についての知識・理解、Ⅴ. 主体的に考え、行動し、発信する力、計5つの力が一定の水準に達成した者に対して、学士(言語・地域文化)の学位を与えることを定めている。しかしながら、これまで成績証明書と学位証明書以外に、卒業時における学生の達成度を示す手段がなく、本学が養成した「多言語グローバル人材」の内容を社会に向けて十分に示せていないという課題を有してきた。そこで本事業では、既存の証明書には包括されえない言語力、専門力、行動・発信力(留学歴やインターンシップ活動の履歴など)について、卒業時の達成度を客観的な指標で示し、「多言語グローバル人材ディプロマ・サプリメント」として配布する。なお本ディプロマ・サプリメントは、入学時から卒業時までの学生の学修カルテとなる「多言語グローバル人材・ポートフォリオ」を利用して編集される。以上の取り組みから、卒業時における質保証を強化し、本学学生の卒業後の国際的な活躍をより一層促進する。

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑